ブログ使用におすすめな著作権フリー画像サイト3選

ブログ執筆

【当サイト訪問者様へ今なら月収+10万円へのスターターキット】
『Affiliate Strategy Guidance(アフィリエイト戦略指南書』を無料プレゼント中!)
入手される場合はバナーをクリック!

どうもkenです。

 

ブログに投稿する際に画像がないと、いまいちさみしいですよね。

やはり画像があったほうが、想像力が駆り立てられる。

というようなメリットがあります。

 

しかし、ネット上に落ちている画像を勝手に拾って自分のサイトにアップするのは、著作権や肖像権の関係でリスクがあります。

 

今回は僕が良くお世話になっている、フリーの画像サイトをご紹介したいと思います。

人物画像なら「写真AC」

メリットとして、かなり綺麗でシチュエーションに合った画像が手に入ります。

 

注意点として、サイトへの登録が必要な点と頻繁にプレミアムサービスへの勧誘のポップアップが表示されます。

プレミアム会員は、そこまで高くないのですが、正直あまり魅力を感じなかったりします。

 

あとは、フリープランだとサイト内での画像検索が10回までという制限もあります。

ちなみに検索エンジンから検索すると上記はすり抜けられたりするんですけどね笑

クックパッドみたいですね。

 

正直、かなり浸透しているサービスなので、画像が他のサイトとかぶりやすいというのがデメリットですね。

かわいくて圧倒的な種類「いらすとや」

豊富なイラストで圧倒的な人気を誇るいらすとや。

あまりにも色々なシチュエーションのイラストがあり、汎用性が低すぎるイラストも大量にあることから旧2ちゃんねるでも話題になるくらいでした。

 

例えば、

・つぼを買わされるイラストだったり

・食品偽装のイラストだったり

・自宅警備員のイラスト

など見ているだけでも楽しめます。

 

もちろん一般的なイラストも豊富にあるため、様々な場面で利用できるのが最大のメリットですね。

 

デメリットとしては、あまりにも有名なフリー画像のため会社などの法人でも使われており、かぶり率がハンパないことですね。

 

ちなみに知り合いの会社の社内資料でも使われてました笑

海外のクールな写真「Flickr」

世界中からクールな写真が投稿されているのが、Flickrになります。

個人が投稿している写真ですが、とてもレベルが高く見ているだけで楽しいです。

 

デメリットというか欠点としては、検索時に英語もしくは中国語で検索する必要があるということです。

 

Googleなどの翻訳サイトを使えば日本語→英語への変換は楽勝ですので、使ってみても面白いと思います。

まとめ

おそらく画像で最も需要が高いのでは、サイトのトップ画像である「アイキャッチ」画像だと思います。

アイキャッチは画像で訪問者の気を引くという効果があり、記事にたどり着いてもらう効果があります。

自分の記事にあった画像を探してみてくださいね。

【当サイト訪問者様へ今なら月収+10万円へのスターターキット】
『Affiliate Strategy Guidance(アフィリエイト戦略指南書』を無料プレゼント中!)
入手される場合はバナーをクリック!

関連記事