派遣社員の男性30代は結婚できるのか?派遣から正社員になるには?

派遣社員

【当サイト訪問者様へ今なら月収+10万円へのスターターキット】
『Affiliate Strategy Guidance(アフィリエイト戦略指南書』を無料プレゼント中!)
入手される場合はバナーをクリック!

[adsense_top]

こんにちはkenです。

 

僕は昔、派遣社員として生計を立てていた時期があったんですが、そのとき感じたことは、男で派遣社員というのはなかなか厳しいんですね。

・収入も厳しい
・キャリア的にも厳しい
・転職にも厳しい

といろんな厳しさがあるわけです。

 

そこで今回は僕の経験から見た男性の派遣社員の世間の評価や結婚できるのか?

といった点についてお話してみたいと思っていますよ。

[adsense]

派遣社員の男性30代の世間の評価は?

男性で派遣社員なんて世の中にはいっぱいいると思いますが、気になるのが年齢です。

やはり30代で派遣社員という立場だと、将来を考えたときには厳しいかなぁ。
と思いますね。

 

僕も30代半ばくらいまで派遣社員として働いていたので、あまり人のことは言えないんですけどね笑

 

30代ともなると正社員で働いていれば、立場上、サブリーダーやリーダーとして働いていてもおかしくない年齢です。

 

しかし、派遣社員はあくまで業務の隙間を埋めるための補助的な要員です。

つまり正社員がやらなくて良いような、簡単な作業をやることがほとんど。

 

そんな簡単な単純作業を何年も続けていたらどうなるでしょうか?

当然スキルは身につきませんね。

 

また、人を育成するためのスキルであるとか管理職になるためのマネジメントスキルといったスキルなんて夢のまた夢です。

 

その年齢で普通の正社員として働いていたらどんなポジションや役割が求められているのか?
を考えてみると世間の評価がおのずと分かるのです。

 

分かりやすいもので言えば求人です。

リクルートやマイナビなどで自分の年齢の求人を探してみましょう。

 

今回の30代男性であれば、きっとリーダー候補とかリーダー相当を求めれる求人が多いはずです。

つまり30代男性の派遣社員の世間的な評価は、かなり厳しいということですね。

当時派遣社員だった頃のエピソード

僕が働いていたとき、最も苦しかったのが、一緒に働いているプロパー社員や女性の派遣社員から男で30代なのに派遣社員で働いていることに対して、馬鹿にされることでした。

もちろん正面向かって馬鹿にされることはありませんが、態度に表れているんですよね。

 

またプロパー社員の給与やボーナスなどの待遇を見聞きするとその差にも愕然としちゃうんです。

もちろん自分で選んだ道なので、自業自得なのですが、派遣で働く最後の1,2年は本当に苦しかったです。

[adsense]

派遣社員でも結婚できるのか?

男性で派遣社員として働く中で気になるのが、仕事のこともそうですが、ライフプランです。

とくに30代と言えば、結婚をしていてもおかしくない年齢のため、やはり結婚は気になりますよね。

では、そんな厳しい評価の派遣社員の男性は結婚できるのか?

ということについて考えてみたいと思います。

派遣社員は結婚と言う観点で世間的にみてどうなのか?

結論から言うと、派遣社員という立場のままだと結婚と言うのは非常に厳しいと思います。

なぜならば下のデータを見てもらえば一目瞭然です。

正規雇用の男性の未婚率


20代・・・67.5%
30代・・・30.7%

 

非正規雇用の男性の未婚率


20代・・・94.0%
30代・・・75.6%

 

このデータは、厚生労働省が2012年に調査した統計資料で、男性の就業形態と未婚率の関係を比較したデータです。

男性の未婚者の割合は、20代こそ30%くらいの差ですが、30代になると45%もの違いがでています

 

これって結婚自体がとても難しいことを指し示しているんですね。

 

おそらく派遣社員などの非正規雇用の人は、収入が安定しないことや雇用自体が不安定なため、結婚自体をあきらめている人が多いのだと思います。

 

さらには、ここに女性の結婚相手に求める条件が加わってきます。

それは相手に求める年収額です。
20代、30代の女性が結婚相手に求める年収は、以下の通りです。

1位:500万円以上・・・36.2%
2位:300万円以上・・・30.0%
3位:好きになったら収入は関係ない・・・15.1%

 

ちなみに男性で年収500万円以上はどれくらいいるのでしょうか?

「国税庁」の給料額の実態調査見るとそれも一目瞭然です。
年収500万円は12%(男性)しかいません。

しかも、正社員を含む給与なので、500万円をもらっている非正規雇用の方がどれくらいいるのか?
と考えてしまうような数字ですね。

当時派遣社員だった僕がどうやって結婚したか?

僕は派遣社員として働く中で現在の嫁と付き合っていました。

その当時は頭が上がらないなんてこと、まったく想像してもなかったんですけど笑

 

付き合ううちに結婚も意識するようになっていったんですが、やはりハードルになったのが、僕の派遣社員という身分でした。

 

一番のネックになったのが、彼女の両親に挨拶にいけないこと。そして、生活が不安定で、結婚を考えられないことです。

 

そりゃそうですよね。

 

僕が女性だったら、正社員として働いている人を両親に紹介したいし、出産とかも考えると雇用が安定しない派遣社員の旦那さんなんて怖すぎです。

 

僕は結婚を意識し始めてから、転職活動に地道に取り組むことで無事に1部上場企業に入社して、結婚を前提に現在の嫁と同棲生活を開始することができました。

 

もちろん転職がなかなか決まらなくて心が折れそうになってことも何回もありました。

最終面接まで3ヵ月かかりこぎつけたのに、お祈りメールをもらったときはかなり落ち込みました。

 

派遣社員から正社員になるにもかなり大変ですが、正社員になれないからといって、それを避けてうまく結婚までできたとします。

しかし、結婚がゴールではありません。

結婚して子供ができると本当にお金がかかります。

 

なので、独身のうちにできる限り苦労しておいた方があとあと結婚したときに楽になるのです。

 

ちょっと大変ですが、もしあなたが派遣社員として働いていて結婚を目指しているなら、まずは正社員を目指してみてはいかがでしょうか?

[adsense]

派遣社員から正社員になるには?

僕は派遣社員からうまく正社員になることができましたが、正直、運もありますし、面接が得意、不得意とかコミュニケーション能力によってもだいぶ変わってきます

 

正直、僕は面接だけはかなりの勝率だったので、うまく勝ち抜けた部分が大きいかなと思っています。

またかなり難易度の高い資格も保持しているため、そういった面からも優位に立てたと自負しています。

 

では、面接が不得意な場合にはどうしたら良いでしょうか?

僕の友人が正社員になったエピソード

僕の友人であるNくんは、とてもイケメンだけど真面目です。

そんなNくんは、メチャクチャコミュニケーションが苦手

だけど派遣社員で30代という条件から正社員になることができたので、そのときのエピソードをご紹介したいと思います。

 

N君との出会いは、僕が派遣社員として働く職場での同僚でした。つまり同じ派遣社員仲間。

 

派遣元は違ったんですが、妙に僕のほうが気になってしまって、トイレでナンパをしてランチの約束をしたのが始まりです。

ちなみに僕にそういう趣味はありません
なんとなく人柄が気になったのです。

 

その後、飲みに行ったり現在の嫁の友達を紹介したりしてグループデートなどを楽しんでかなり仲良くなりました。

 

N君はプログラマーとして働きたいという希望がありましたが、経歴とスキル不足により派遣社員として安い時給で働いていました。

ちなみに僕はスキルはたいしたことなかったんですが、資格と経歴からN君の時給の1.5倍ほど貰っていて、派遣社員内でも格差があったのを覚えています。

 

そんな彼の転機になったのが、僕が彼にあるアドバイスをしたことがきっかけでした。

「N君はスキルはあるんだから、小さい会社なら正社員として雇ってくれるところはあるよ」

とアドバイスをして、当時転職活動に使っていた、転職エージェントを利用するように薦めました。

 

結果、面接を受けた1社目で一発内定!

今でもその会社のプログラマー兼システムエンジニアとして働いています。

その後、彼は嫁から紹介された女性と結婚をすることもできました。

派遣社員から正社員になる近道は?

僕やN君は見事正社員になりましたが、そこにはあるポイントがありました。

それは、3つあります。

1、技術職であること
2、求人の需要が高い職業であること
3、業界に評価される資格を取得していること

 

プログラマーやシステムエンジニアというのは、技術を習得するのにそれなりに時間がかかる職業です。

 

また、スキルの個人差が激しい傾向にあるため、技術を持っている人は重宝される傾向にあります。
よって資格で証明が求められることが多いです。

 

さらに求人難に加え、システムエンジニア等のIT系は人手不足なので、求人が比較的多い職業です。

 

あなたがもし正社員を目指すのであれば、技術がある程度必要な職業であり、求人の多い職業を目指すのが正社員への近道といえます。

 

もちろんコンピュータを触るのが苦手なのにプログラマーになるなんて無謀なことは薦めませんが、なにか資格のようなもので差別化できれば、きっと他の人を出し抜けるチャンスがあるはずです。

 

無謀な勝負を何ヶ月も続けるよりは、しっかりと戦略を立てて資格取得をし、転職活動をしたほうが効率的なことがあります。

本気で転職活動を進めるならば、どうぞ検討してみてください。

[adsense]

今回のまとめ

派遣社員は男性で30代だと世間的にはかなり評価が厳しくなり、働くこと自体がよほどメンタルが強くなければ続けるのが厳しくなっていきます。

また、簡単な仕事を任せられることがほとんどですので、同じ年代の正社員と比べるとスキルが貧弱になっていき、ますます格差が広がっていくという怖さもあります。

 

経歴の薄さに加えて、契約期間が短いことから、職歴がどんどんと積みあがっていき、履歴書が汚れていくのもかなりしんどいです。

結婚は収入や安定を考えると厳しいですが、戦略的に行動することにより、正社員になり結婚することも可能です。

しっかりと現状から逃げずに、将来のことを考える時間を作ってみてもいいのではないかと思います。

【当サイト訪問者様へ今なら月収+10万円へのスターターキット】
『Affiliate Strategy Guidance(アフィリエイト戦略指南書』を無料プレゼント中!)
入手される場合はバナーをクリック!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です