お小遣い制のやり方・おすすめのルールは?相場はいくら?

サラリーマン

【当サイト訪問者様へ今なら月収+10万円へのスターターキット】
『Affiliate Strategy Guidance(アフィリエイト戦略指南書』を無料プレゼント中!)
入手される場合はバナーをクリック!

お小遣い制について知りたい人

「お小遣い制は嫌だけど、とうとう家でも小遣い制になりそうなんだよなぁ。やり方とかお小遣いの相場とかを押さえておきたいな。」

という人のためにの最適なお小遣い制の相場や、やり方を教えます。

 

 

小遣い制の一般的な相場はいくら?

お小遣い制って本当に嫌ですよね。

そこで押さえておきたいのは一般的なお小遣い制の相場です。

一般的な相場を押さえておけば、仮に小遣い制になったとしてもあまりにも低いお小遣いだったらちゃんと反論ができますからね。

 

では一般的な金額を見てみましょう。

20代 ¥42,018(男性)¥41,826(女性)

30代 ¥36,146(男性)¥32,835(女性)

40代 ¥37,071(男性)¥32,211(女性)

50代 ¥44,017(男性)¥32,515(女性)

(保険チャンネル:参照)

 

30代から一気にお小遣いが下がりますね。

おそらく子供がある程度成長してきて、マイホーム購入など大きな買い物をするようになってお小遣いを減らさざるを得ないという状況ですね。

50代になると、子供は独立して家を出ていくため家計にもゆとりがうまれて、お小遣いもアップするのかもしれませんね。

 

“ken”
当然ながら、お小遣いの額は収入によっても変動するんですが、手取りの1割位が目安となっているようです。

 

意外と少ないなぁと思った方も多いかと思いますが、お小遣い制が始まるのは大抵子供が生まれてからです。

生まれて数年はさほどかかりませんが、小学校あたりぐらいからお金が何なのかあるようならためそれを見越して、貯金を増やすためにもお小遣い制を導入する家庭が多いようです。

 

“ken”
僕の家もお小遣い制なんですが、子供が生まれたタイミングで強制的にお小遣い制になりました笑

お小遣い制を導入するにあたりお勧めのやり方やルールは?

では、実際にお小遣い制を導入するにあたりお勧めのやり方やルールをここではご紹介したいと思います。

ちなみに一般的なルールは知りませんが、僕の家ではこうやってうまくいっていると言う例をご紹介します。

 

・必ず家計簿をつけて管理する。

・食費や水道光熱費、雑費等の予算を決めておく。

・妻か夫どちらかが主導して管理を行う

・小遣いでどこまでカバーするのか夫婦で決めておく

・最初のうちはお小遣いはやや多めにしておく

 

では一つ一つの項目について説明をしていきます。

必ず家計簿をつけて管理する

お小遣い制を導入したら必ず家計簿をつけて家計を管理できるようにしておきましょう。

お小遣い制にする目的と言うのは家計を管理するためです。

つまり家計簿をつけなければせっかくお小遣い制で予算を立てているのに、食費や雑費といった生活費が管理できていなければ意味がないからです。

食費や水道光熱費、雑費等の予算を決めておく

こちらも家計簿と同じ意味になります。月の頭に食費や水道光熱費といった予算を立てて、その中でやりくりするように管理をしていきましょう。

妻か夫どちらかが主導して管理を行う

お小遣い制をするにあたり、家計管理をする行う必要がありますが、どちらかが主導して行わなければ管理があいまいになりがちです。

妻がやるだろうとか夫がやってくれるわよね。といったお互いにお互いをあてにするような状況ではしっかりとした管理ができないからです。

小遣いでどこまでカバーするのか夫婦で決めておく

これは結構重要なポイントです。

 

例えばランチはお小遣いでカバーするのか?

晩酌のビールはお小遣いでカバーするのか?

 

と言うようなことをしっかりと決めておかなければ後で揉めます。

お小遣いが少ないとか、これはお小遣いで買わせるのはおかしいといった話になっちゃうんですね。

なので前もってお互いに取り決めておきましょう。

 

“ken”
お小遣い制の金額交渉は最初が肝心。僕も最初はかなり気合を入れてしっかりとこれを小遣いにしてほしいと言う交渉をしました笑

最初のうちはお小遣いはやや多めにしておく

小遣い制を導入する前はそれぞれ生活費を自分の財布から出すようなことをやっていたかと思います。

ただそれだと実際に自分がいくら使っていたのかというのをしっかりと把握している人はごく少数だと思います。

 

お小遣い制が始まると今までよりもずっと少ない金額で1カ月間やりくりしなければなりません。

なので最初からお小遣いはカツカツでやらずに、ある程度余裕を持って設定したほうがストレスを感じにくいです。

 

実際にお小遣い制を始めてみるとわかりますが、お金の使い方がかなり変わってくるんですね。

なのでお小遣いが意外と少なくてもやっていけると言うことに気がついたりして最初は余裕を持っていたお小遣いもだんだん少なくてもいいようにコントロールできるようになってきたりします。

押さえておきたい小遣い制のメリットデメリット

では、お小遣い制のメリット・デメリットはなんでしょうか?

お小遣い制のメリットは?

まずお小遣い制のメリットから考えてみたいと思います。  

支出を固定化することができる

小遣い制のメリットは、月の支出額を固定化できることです。

特に子供がいて妻が家にいるパターンだと、お昼代やジュースなどでお金を使うのは夫の方が何かと必要になります。なので、そういった支出というのは意外と無駄なお金を使ってしまいがち。

そういった無駄に使ってしまうお金を管理できることから、お小遣い制が広がっていったものと思われます。

月の支出を正確に管理することによって、収入の何分の1かを貯金に当てたり、マイホームを購入するための資金できるので、家計を管理する上では非常にメリットの大きい方法だといえそうですね。

倹約しようと言う意識が生まれる

お小遣い制は使える金額が決まってしまい不満に感じる人もいると言う事を話しましたが、僕自身もお小遣い制になった時は深い絶望に崖に落ちたものです笑

ですが、お小遣い制を導入してみて1年以上経った今思う事は、お小遣い制になって良かったなぁと思うことが多いのです。

ken
お小遣い制になる前は自分の持っているお金の範囲で自由に欲しいもの買っていたんですが、お小遣い制になってから使える金額に制限が出たため、よく考えてから物を購入するようになったんですよ。

つまりできるだけ無駄も無駄なものは買わない。

と言う倹約に必要な心構えを得ることができたのが1番のメリットだと感じています。

独身生活が長いと倹約という意識自体がうまれにくく、なかなか身につかないですからね。

“ken”
お金の使い方が変わったと言うのが僕の中でお小遣い制の1番のメリットだと思っています。

お小遣い制のデメリットとは?  

では逆にお小遣い制のデメリットとは何でしょうか。

ストレスが溜まる。小遣いが少なすぎて辛い。

いままで自由に自分のお金を使っていた場合、使える金額の落差にストレスを覚える人が多いようです。ちなみ僕はかなり落胆しました笑

ken
ちなみに僕もお小遣い制で開始当初は、金銭的にかなり不満がありましたが、今では特に不満を感じていません。その理由は最後にお話しします。
 

何か予定外の支出があったときに対応しづらい

例えばあなたが仕事の上で上司だったとすると、年末年始など部下におごる機会なども出てくるかと思います。

そういった予定外の支出に関して対応しづらいのはお小遣い制のデメリットの1つだと思います。

お小遣い制でも困らない〇〇で稼ぐ僕の方法

僕も例外にもれず小遣い制できっちり月の小遣いが2万5千円(ランチは弁当)なんですが、それでも小遣いには困っていません。

なぜなら副業でバリバリ稼いでいるからです。

 

そう、別に小遣い制でも自分の使えるお金が別にあれば特に困らないということなんです。

だって小遣い制は、自由に使えるお金が大幅に減るから困るわけですよね。

要は使えるお金が少ないから困るわけです。

 

でも、もし自分に使えるお金が給料とは別にあったらどうでしょうか? 

 別にお小遣い制だろうがなんだろうが気にならなくなる。と思いませんか?

 

僕はあまりにも給料が低すぎてネットビジネスを始めたんですが、そのおかげでお小遣い制でも自由にお金を使えています。

 

 

ken
趣味のゲームソフトも躊躇せずに買っていますし、スマホのゲームで欲しいキャラがいたらガチャも回します。あと、たまにお弁当を休んで、人気のランチに並んでみたりと、サラリーマン生活を副業の力で謳歌していたりするんですよね。
 

 

小遣い制でもお金に困らない理由というのは、ネットビジネスという副業で稼いでいることです。    今回は以上となります。

【当サイト訪問者様へ今なら初心者用アフィリエイト教科書を無料プレゼント中!】

僕が小遣いに困らなくなった理由が気になった方は、  kenがネットビジネスで稼げるようになるまでのプロフィール」をご覧ください。

【当サイト訪問者様へ今なら月収+10万円へのスターターキット】
『Affiliate Strategy Guidance(アフィリエイト戦略指南書』を無料プレゼント中!)
入手される場合はバナーをクリック!