マズローの欲求5段階説から考える売れるキャッチコピー

ネットビジネス全般

【当サイト訪問者様へ今なら月収+10万円へのスターターキット】
『Affiliate Strategy Guidance(アフィリエイト戦略指南書』を無料プレゼント中!)
入手される場合はバナーをクリック!

どうもkenです。

 

マズローの欲求5段階説とは心理学者のアブラハム・マズローという人が、人間の欲求を5段階に分けて理論化し提唱した考え方です。

 

結構有名な理論ですので、マズローという名前は分からなくても聞いたことのある人は多いのではないでしょうか?

マズローの理論は、このようなピラミッド型で表することができます。

 

もともとは心理学で使われていましたが、現在はマーケティングやマネジメントでも使われてるようになっています。

 

マズローの欲求5段階説を理解することによりコピーライティングの中にその理論のエッセンスを入れることで「刺さる」キャッチコピーを作ることも可能です!

 

では、早速みていきましょう。

マズローの欲求5段階説(自己実現理論)とは

マズローの欲求5段階説とは、アメリカの心理学者であるアブラハム・マズロー(Abraham Harold Maslow)氏が、
1943年に発表した論文『A Theory of Human Motivation』で唱えた、人間の欲求を5段階の階層で表した理論です。

 

人間の基本的欲求は「5段階のピラミッド」のように構成されていて、基本的には低階層の欲求が満たされると1階層上の高次の欲求を欲するようになる、というものです。

 

マズローは、
「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」
と提唱したことから、『自己実現理論』とも呼ばれています。

マズローの5大欲求の解説

マズローの欲求5段階説では以下のような段階があると提唱しています。

生理的欲求
安全欲求
所属と愛の欲求
自我、承認欲求
自己実現欲求
さらに上位の欲求

それではひとつづつ見て行きます。

生理的欲求

寝たい、食べたいなどの生きていく上での根本的な欲求です。まさに生命を維持するために必要な欲求といえます。

 

日本には、この段階の欲求を満たせてない人は少数だと思いますが、戦時中や戦後はこのような欲求が強かったのかもしれませんね。

 

衣食住で言えば「食」の部分に当たるといえます。

安全欲求

安心する場所、家や洋服など自分が安全に暮らしたいと思う欲求のことです。

 

衣食住で言えば、「衣」「住」になります。

ちなみに「衣」「住」を実現するにはお金が必要になりますよね?なので、お金もこの段階の欲求となります。

 

また、健康で長生きしたい!と思うのもこの欲求です。

所属と愛の欲求

なにか社会的に所属したいという欲求です。

 

彼氏や彼女を作ったり、家庭を持ったり、学校に入ったり、会社に入社したり、コミュニティに所属する。

というのが所属欲求になります。

自我、承認欲求

他者から認められたい、評価されたい。という欲求です。

地位や名誉などはこの欲求があるからこそ、求めるということですね。

 

心からこの欲求が満たされるのは、スキルを習得したり、自分自身に対する自信が身についたときとなります。

自己実現欲求

自分の可能性を試したい。

自分の本気がどこまでやれるのか見てみたい。

 

といった自分自身の限界に挑戦するといった、自分の可能性を信じて行動するのがこの段階となります。

 

スポーツ選手や経済界でも成功している一握りの人はこの領域に達していると言えます。

更なる上位欲求

自己実現の欲求を満たしてしまうと、「自己超越」という領域になるそうです。

 

自分だけでなく、今度は他者も満たそうとする段階ということになります。

 

自己実現欲求でも数少ないため、この領域に入っている人は本当にごくわずかだといわれているようですね。

 

おそらく、後継者の育成といった部分で、こういった段階の一部が発揮されているのかと思います。

コピーライティングにおけるマズローの実践

冒頭ではマズローの欲求5段階説を理解しておくことにより効果的なコピーライティングを作ることができるとお話しました。

さっそく試してみましょう。

 

例えば安全欲求段階の人に効果的なコピー

「このブログを構築することで、ほとんど何もせず定期的に収入ができるためお金に困らなくなります。」

といったコピーが考えられます。

 

また、自我、承認欲求の人向けには、

「ネットビジネスで成功することで、会社を辞めて独立したいと思っている人に認められ、充実した生活を送れます。」

といったコピーが考えられます。

 

このようにマズローの欲求を理解することで、その欲求段階にあった「刺さる」コピーを考えることができるようになる。というわけです。

まとめ

マズローの欲求5段階説と聞くと、なんだか難しいと思ってしまいますが、中身を考えてみると、自分の生活の中で
起こっている欲求だと分かります。

 

なので、こういった根源的な欲求を理解することで、小手先でないコピーを考えることができるということになります。

 

ネットビジネスで成功するためにもぜひマズローの欲求5段階説を理解し、コピーライティングに応用してみてください。

【当サイト訪問者様へ今なら月収+10万円へのスターターキット】
『Affiliate Strategy Guidance(アフィリエイト戦略指南書』を無料プレゼント中!)
入手される場合はバナーをクリック!

関連記事