お小遣い制が嫌で結婚したくない人はメリットを知っておくべき

サラリーマン

【当サイト訪問者様へ今なら月収+10万円へのスターターキット】
『Affiliate Strategy Guidance(アフィリエイト戦略指南書』を無料プレゼント中!)
入手される場合はバナーをクリック!

結婚を考えてるけどお小遣い制が嫌で躊躇している人

「今の彼女とも付き合って3年経つけど、そろそろ結婚しなきゃなぁ。だけど、結婚するとお小遣い制になるのが一般的だって言うし、お小遣い制はいやだから結婚は厳しいなぁ。」

 

と言う人のためにお小遣い制のメリットを教えます。

 

 

 

この記事を読んでわかること

お小遣い制のメリットデメリットをしっかりと把握することができます。

 

この記事を読むメリット

お小遣い制を正確に理解することにより、闇雲にお小遣い制に対してネガティブなイメージを持たなくなります。

お小遣い制のメリットとは?

お小遣い制のメリットとは家計をしっかり管理することができ貯金やマイホーム購入等を計画的に行うことができることです。

 

お小遣い制を導入すると家計の中で自分たちの使って良い額がはっきりと決まります。

使う側の気持ちに立つととても嫌な制度ですが、家計を考えた場合にはとても優れた制度。

なので、将来マイホームが欲しいと言う大きな買い物などを考えている場合には早めに導入した方が良いでしょう。

 

“ken”
僕自身もお小遣い制だけれど、無駄遣いをしなくなったりお金に対する考え方がだいぶ変わったなぁ。

 

お小遣い制と言うとネガティブな意見ばかりですが、まずは導入してみて色々と試行錯誤するのも、2人で家庭を築くための第一歩だと思ってやってみるのも面白いかと思います。

 

お小遣い制のデメリットとは?

お小遣い制のデメリットは、小遣いが少なすぎるとストレスが溜まり夫婦喧嘩の原因になりうることです。

 

いくら貯金の枠を多めに確保したいからといって本当に必要な額以上にお小遣いを削ってしまうと生活を続けること自体がしんどくなってしまいます。

小遣いを少なくするなら外食費を多めに取る。

外食が多いなら小遣いを少なめに設定する。

などある程度バランスをとってお小遣い額を設定した方が良いでしょう。

 

お小遣い制でよくやりがちなのが、稼いでいる立場として夫または妻のどちらかの小遣いだけが、多めに設定されている場合、少ない方が日々のストレスで爆発する可能性があります。

こういったことも考慮して、夫婦間の金銭的なバランスもしっかりと考えた方がいいです。

 

“ken”
僕の家庭でも妻の小遣いがやや少なめに設定されているため、こないだブチ切れられました笑

 

お小遣い制は長く独身生活を続けている人ほど、かなり違和感を感じる仕組みです。

その辺をしっかりと考慮した上でお小遣い額を設定すべきです。

 

結局、結婚前に相手とどのような話し合いを持つかが重要

お小遣い制のメリットを知ってもお小遣い制が嫌だと言う場合には、結婚する前によく相手と話し合う必要があります。

 

結婚前にお小遣い制を導入するべきか否かと言う話し合いを持つべきと言いたいのではありません。

以下の項目を事前に話し合っておくと良いでしょう。

 

家計はどちらが管理するのか?

子供は作るのか作らないのか?

専業主婦になる予定があるのか?

マイホームを購入する予定があるのか?

 

こういった人生のプランニングを考えた上で、家計管理はどうしようか?

と言う流れがあり、お小遣い制を決めていくと言うイメージです。

 

例えば子供を作らない場合には、2人とも働けるわけなので、収入的に無理してお小遣い制にする必要はありません。

 

“ken”
逆に言えばお小遣い制ありきで家計を決めるのは間違っていると言う事ですね

 

結局、子供を持つか持たないかが分かれ目

お小遣い制が導入するきっかけとして最も多いのは子供が生まれたタイミングです。

なぜなら、それまで奥さんが働いていた場合2人で稼いでいたのが、夫1人だけの稼ぎに減ってしまうからです。

 

少なくなった収入で家計をやりくりするにはどうすればいいか?

そうです家計簿をつけてしっかりと予算を立てて使っていくしかないですね笑

 

結婚したタイミングではお互いそれぞれ折半すると言うのは全然アリです。

ただ、実際には子供が生まれて収入が変わってくると、お金が足りずにお小遣い制になると言うパターンも少なからず存在しますので、結婚しているけど小遣い制じゃないと安心している人は要注意です。

 

“ken”
僕の家でも結局は子供が生まれたタイミングでお小遣い制になっちゃいました泣

 

お小遣い制でもでも困らない〇〇で稼ぐ僕の方法

僕も例外にもれず小遣い制できっちり月の小遣いが2万5千円(ランチは弁当)なんですが、それでもお小遣いには困っていません

なぜなら副業でバリバリ稼いでいるからです。

 

そう、別に小遣い制でも自分の使えるお金が別にあれば特に困らないということなんです。

だって小遣い制は、自由に使えるお金が大幅に減るから困るわけですよね。

要は使えるお金が少ないから困るわけです。

 

でも、もし自分に使えるお金が給料とは別にあったらどうでしょうか? 

 別にお小遣い制だろうがなんだろうが気にならなくなる。と思いませんか?

 

僕はあまりにも給料が低すぎてネットビジネスを始めたんですが、そのおかげでお小遣い制でも自由にお金を使えています。

 

 

ken
趣味のゲームソフトも躊躇せずに買っていますし、スマホのゲームで欲しいキャラがいたらガチャも回します。あと、たまにお弁当を休んで、人気のランチに並んでみたりと、サラリーマン生活を副業の力で謳歌していたりするんですよね。
 

 

小遣い制でもお金に困らない理由というのは、ネットビジネスという副業で稼いでいることです。

 

今回は以上となります。

 

【当サイト訪問者様へ今なら初心者用アフィリエイト教科書を無料プレゼント中!】

僕が小遣いに困らなくなった理由が気になった方は、

kenがネットビジネスで稼げるようになるまでのプロフィール」をご覧ください。

【当サイト訪問者様へ今なら月収+10万円へのスターターキット】
『Affiliate Strategy Guidance(アフィリエイト戦略指南書』を無料プレゼント中!)
入手される場合はバナーをクリック!