お小遣い制は嫌だ?お金がなくて辛い人に贈るストレスフリーになるためのアドバイス

サラリーマン

【当サイト訪問者様へ今なら月収+10万円へのスターターキット】
『Affiliate Strategy Guidance(アフィリエイト戦略指南書』を無料プレゼント中!)
入手される場合はバナーをクリック!

結婚してお小遣い制になった人

「あー、結婚して小遣い制だったのきつすぎる。お小遣いが少なすぎてマジでストレス半端ないわ。」

と言う人のためにストレスフリーになるためのアドバイスを贈ります。

 

 

 

お小遣い制の人はどれくらいいる?

では、世間では一般的とも言われるお小遣い制ですが、どれくらい一般的なんでしょうか?

年代によっても違うものの、平均的には60%くらいがお小遣い制を導入しているようです。

 

ken
20代の家庭では、お小遣い制ではなく別財布制にしている人も多いみたいだね。でも、子供が産まれたら比率も変わってくるのかも・・・。

 

と言うようにお小遣い制を採用している家庭は比較的多いですが、お小遣い制になるためには何か理由があるはずです。

次の項目ではお小遣い制のメリットデメリットを考えてみたいと思います。

 

お小遣い制のメリット・デメリットは?

次はお小遣い制のメリットデメリットとは何でしょうか?

お小遣い制にメリットなんてない!

という反対派の意見が聞こえてきそうですが、日本では一般的とも言われるお小遣い制が広まるにはメリットもあるはず。

ということで、考えてみましたよ。

お小遣い制のメリットとは?

まずメリットから考えてみたいと思います。

支出を固定化することができる

小遣い制のメリットは、月の支出額を固定化できることです。

特に子供がいて妻が家にいるパターンだと、お昼代やジュースなどでお金を使うのは夫の方が何かと必要になります。

そういった見えない部分の支出管理できることから、お小遣い制が広がっていったものと思われます。

 

支出を管理することによって、同時に収入の何分の1かを貯金に当てたり、マイホームを購入するための資金できるので、家計を管理する上では非常にメリットの大きい方法だといえそうですね。

倹約しようと言う意識が生まれる

お小遣い制は使える金額が決まってしまい不満に感じる人もいると言う事を話しましたが、僕自身もお小遣い制になった時は深い絶望に崖に落ちたものです笑

ですが、お小遣い制を導入してみて1年以上経った今思う事は、お小遣い制になって良かったなぁと思うことが多いのです。

ken
お小遣い制になる前は自分の持っているお金の範囲で自由に欲しいもの買っていたんですが、お小遣い制になってから使える金額に制限が出たため、よく考えてから物を購入するようになったんですよ。

つまりできるだけ無駄も無駄なものは買わない。

と言う倹約に必要な心構えを得ることができたのが1番のメリットだと感じています。

独身生活が長いと倹約という意識自体がうまれにくく、なかなか身につかないですからね。

お小遣い制のデメリットとは?

では逆にお小遣い制のデメリットとは何でしょうか。

ストレスが溜まる。小遣いが少なすぎて辛い。

お小遣い制のデメリットとして考えられるのは夫や妻の不満です。

一般的に小遣い制でもらえる額と言うのは自分が給与所得でもらっていた額の数分の1と言う低い金額が普通です。

 

よって独身の時のように自分で好きなようにお金を使える環境から大きく変わってしまい、不満が溜まってしまいます。

特にこの傾向は、結婚が遅い人が感じやすいようです。

ken
ちなみに僕もお小遣い制で開始当初は、金銭的にかなり不満がありましたが、今では特に不満を感じていません。その理由は最後にお話しします。

何か予定外の支出があったときに対応しづらい

例えばあなたが仕事の上で上司だったとすると、年末年始など部下におごる機会なども出てくるかと思います。

そういった予定外の支出に関して対応しづらいのはお小遣い制のデメリットの1つだと思います。

 

お小遣い制は一般的な収入の家庭ではまず逃れられない理由

では、結婚する前の状態で約束をするなどの方法でお小遣い制を拒否したり、やめたりすることは可能なのでしょうか?

僕の経験上これは不可能だと思います。

 

なぜなら結婚して子供が生まれると、当然ながら妻は一時的にでも働くことができない状態になります。

すると収入があるのは夫1人と言うことになり、よほど年収が高くない限りよく考えてお金を使う必要が出てくるからです。

 

ken
子供が産まれると奥さんからの収入がなくなるのに、2人のときよりも支出が増えるので管理せざるをえない。という日本のサラリーマンの収入の低さがお小遣い制の元凶なのかもですね。

 

つまり小遣い制は家計を管理するための常套手段と言えそうです。

逆に言えば、年収を大幅に増やすか自分の家が使える収入を手に入れてしまえば小遣い制にする必要はないということですね。

お小遣い制でもストレスフリーな僕のやり方

僕も例外にもれず小遣い制できっちり月の小遣いが2万5千円(ランチは弁当)なんですが、それでも小遣いには困っていません。

 

なぜなら副業でバリバリ稼いでいるからです。

 

そう、別に小遣い制でも自分の使えるお金が別にあれば特に困らないということなんです。

 

だって小遣い制は、自由に使えるお金が大幅に減るから困るわけですよね。

要は使えるお金が少ないから困るわけです。

 

でも、もし自分に使えるお金が給料とは別にあったらどうでしょうか?

別にお小遣い制だろうがなんだろうが気にならなくなる。と思いませんか?

 

僕はあまりにも給料が低すぎてネットビジネスを始めたんですが、そのおかげでお小遣い制でも自由にお金を使えています。

 

ken
趣味のゲームソフトも躊躇せずに買っていますし、スマホのゲームで欲しいキャラがいたらガチャも回します。あと、たまにお弁当を休んで、人気のランチに並んでみたりと、サラリーマン生活を副業の力で謳歌していたりするんですよね。

 

小遣い制でもお金に困らない理由というのは、ネットビジネスという副業で稼いでいることです。

 

今回は以上となります。

 

【当サイト訪問者様へ今なら初心者用アフィリエイト教科書を無料プレゼント中!】

僕が小遣いに困らなくなった理由が気になった方は、

kenがネットビジネスで稼げるようになるまでのプロフィール」をご覧ください。

【当サイト訪問者様へ今なら月収+10万円へのスターターキット】
『Affiliate Strategy Guidance(アフィリエイト戦略指南書』を無料プレゼント中!)
入手される場合はバナーをクリック!